二重整形手術の種類【それぞれ効果や費用は違ってきます】

サイトメニュー

少ない費用で目を変える

女性

費用がなくても諦めない

あまり費用をかけることができないけれど、二重の美容整形をしたい人ならば費用を抑えた埋没法がおすすめです。メスを入れない治療法で、切開法と比べてもあまり費用が高くならなくて済みます。しかも、メスを使いませんから元のまぶたに戻すこともできるので、多くの人にとても人気があります。埋没法は糸を使って二重のラインを作る治療方法なので、手術時間も短くて済みます。切開法と比べても術後にまぶたが腫れや痛みが早く引くので長期間休みが取れない人も手術を受けやすいです。整形と言うと元には戻らないイメージがあるかもしれませんが、埋没法は糸を切ってしまえば元に戻せますから、治療を受けやすいでしょう。後で気が変わった時には、手術前の状態に戻すことができます。毎朝のようにアイプチを使って二重を作っていた人も、埋没法であればきっと費用を抑えることができるので治療に踏み切ることができます。そうすれば、朝の時間帯を有効に使うことができるようになりますし、すっぴんに自信が持てるようにもなります。埋没法を受ける前に気を付けなくてはいけないことがいくつかありますので、頭に入れておいてください。まずは、糸を使って二重整形するために糸が切れてしまうと元に戻ってしまいますので、強くまぶたをこすらないでください。花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーがある人は目がかゆくなって強くこすることがあるかもしれませんが、目薬などで対処してこすれないようにしましょう。まぶたが分厚い人は、埋没法では対応しきれない場合がありますので、切開法を勧められることがあるかもしれません。費用を抑えたい人にとっては頭が痛いことかもしれませんが、埋没法に向いている人とそうではない人がいます。もしかすると、他の治療法と合わせた方が良いと言われることがあるかもしれません。そうなると、費用がかさんでしまうことがあるので、詳しい料金を聞いておきましょう。切開法と比べると気軽に受けられる二重整形ですが、気を付けることも多々あります。信頼できる医師がいる美容外科に行って、まずは無料カウンセリングを受けてください。詳しく説明をしてもらって、安心してから手術を受けましょう。